トップページ >善玉菌と悪玉菌とは?違いはあるの?

善玉菌と悪玉菌とは?違いはあるの?

善玉菌というのは、いくつかの種類があります。乳酸菌もその中の一つとなっています。腸内に生息している細菌というのは、善玉菌以外にも悪玉菌といわれるものもあります。今回は、悪玉菌と善玉菌がどのようなものなのかについてお話をしたいと思います。

 

悪玉菌というのは健康に害を与える細菌となっており、反対に善玉菌というのは健康を維持するために必要な細菌となっています。

 

悪玉菌として、ブドウ球菌や大腸菌、ウェルシュ菌などが挙げられます。これらの菌が繁殖をしてしまうと、お腹の調子が悪くなってしまったり、感染症になってしまうのです。

 

悪玉菌というのは、たんぱく質が餌となっており、悪玉菌が増えると毒素や有害物質を生成していきます。腸内環境がアルカリ性になってしまうと、悪玉菌が繁殖しやすくなり、便秘や下痢の原因になってしまうこともあるのです。ですから、悪玉菌というのは、増えてしまうと、健康を保つことが難しくなってしまうのです。

 

次に善玉菌として、ブルガリア菌やビフィズス菌、乳酸菌などが挙げられます。健康を保つために必要な細菌となっており、老化予防や腸内環境の改善作用があります。腸内の状態を酸性にし、病原菌を撃退してくれるため、病気の予防をしていくこともできます。

 

消化も良くしてくれるようになりますし、ビタミンを作り出すのにも一役買っているのです。腸の健康を保つためには、いかにして善玉菌を増やすのかを考えなくてはなりません。

 

善玉菌というのは、健康食品などにも豊富に含まれていますから、乳酸菌やビフィズス菌などが含まれている健康食品を積極的に食べるようにするといいでしょう。