トップページ >妊婦の防風通聖散には注意

妊婦の防風通聖散には注意

漢方薬は西洋薬と比べて効果がゆっくりで、そして副作用の心配も少ないという話をよく聞きますが、だからと言って妊娠していてもいつでも飲めるというものでもありません。

 

妊娠中には避けておいた方が良い漢方薬というのも当然種類によってはあって、母子ともに重大な影響を与えることもありますから注意しておきましょう。⇒防風通聖散の副作用はこちら

 

 

一般的に、漢方薬はお腹の中の赤ちゃんに何かしらの影響をもたらすことはないと考えられていますが、漢方薬も薬ですから、副作用が絶対にないとは言い切れません。妊娠初期はママの食事が赤ちゃんに影響するのですから、漢方薬だとしてもできるだけ摂取しない方が無難です。

 

ただ、病気で症状が強い場合にはリスクが低い漢方薬が用いられることがあります。自己判断はせずに、医師としっかり相談して決定するのが良いでしょう。

 

防風通聖散は便秘の解消や高血圧の改善に使われる薬ですが、妊娠中の服用については医師や薬剤師に相談するように注意書きがされている商品がほとんどです。

 

防風通聖散は強い薬でもありますから、ホルモンバランスが変化しやすい妊娠期は体に大きな変調が起こる可能性があります。よほど便秘が強い場合は、医師に確認してから、許可された範囲で利用するのが良いでしょう。

 

妊娠中は体重が増えるものですから、慌てて防風通聖散を飲む必要はありません。飲むなら、出産や授乳を終えてからが最も良いタイミングで、効果も出やすくなると思います。