トップページ >サントリー ビフィズス菌+キシロオリゴ糖

サントリー ビフィズス菌+キシロオリゴ糖

大手飲料メーカーであるサントリーが販売しているサプリメントとして、「サントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖」というものもあります。このサントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖は、オリゴ糖と胃酸に耐性を持っているビフィズス菌が配合されている人気のサプリメントとなっています。

 

大腸に存在している善玉菌の一つとして、ビフィズス菌もあるのですが、このビフィズス菌というのは、消化や吸収の補助をしてくれる微生物となっています。

 

糖分を酢酸や乳酸へと変換してくれるため、腸内を酸性にして、有害な微生物を殺菌してくれるのです。
ですから、腸内環境を改善したり、免疫力をアップさせる役割も担っています。

 

このビフィズス菌というのは、腸内環境をよくするために重要な存在となっています。腸内にもともと存在しているビフィズス菌ですが、生活習慣が悪かったり、ストレスを溜めている、年齢を重ねるなどといった要因で、だんだん腸内のビフィズス菌の数も減っていきます。

 

このビフィズス菌が減ってしまうと、腸内に悪玉菌が増えていき、便秘などになりやすくなりますし、悪玉菌が作り出す毒素などによって、便が腐敗をしたり、肝臓に大きな負担をかけてしまったりすることになりかねません。

 

ですから、善玉菌の数が増えるようにしていくためにも、毎日ビフィズス菌を摂取するように習慣づけるようにしてください。その点、ビフィズス菌と、ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖を同時に摂取することができるサントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖はとてもお勧めです。

 

ただ、多くのビフィズス菌というのは、酸で死んでしまいます。ですから、胃酸などによって、大腸までほとんど送ることができませんでした。そのため、多くの食品メーカーなどが研究をして、胃酸などに耐性を持っていて、生きたまま効率よく大腸に送ることができるビフィズス菌はないかを探していました。その結果、ロンガム種というのは、胃酸でも死滅しにくくなっていますから、大腸まで多くのビフィズス菌を供給することができます。

 

そのロンガム種のビフィズス菌が配合されているのが、サントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖となっています。

 

ビフィズス菌は、腸の健康を保つために必要不可欠な存在なのですが、糖分がなくては糖を分解して活動をしていくことができなくなってしまいます。また、糖分がなくては、酢酸や乳酸を作り出して、腸内の状態を改善していくことができません。

 

そこで、サントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖では、キシロオリゴ糖も含まれているのです。このキシロオリゴ糖によって、ビフィズス菌を活動しやすくすることができるようになり、腸内を良好にしやすくすることができます。ですから、普段から便秘などのお腹の悩みを抱えている人にオススメのサプリメントと言えるでしょう